求人を探す方法|現場を仕切る施工管理などの建築求人に採用してもらう方法

建築業に就きたい方がまず始めるべきこと

建築の仕事をしたい場合は、まずは求人情報を探さなくてはいけません。友人などの紹介で働ける場所を探すこともできますが、周りに建築業界で働いている方がいなければ他の方法で探さなくてはいけません。
インターネットで探す方法と人材派遣会社を利用するという2つの方法がありますが、その方法を比較し、どちらが自分にとって探しやすい方法なのか検討してみましょう。

建築の求人を探すことができる2つの方法を比較

インターネット

インターネットで建築の求人情報を探すという方法があります。パソコンやスマートフォンを利用して求人を探すことができるのでどこでも時間があるときに求人情報を探すことができます。しかし、好条件の求人は人気があるのですぐに無くなってしまう可能性もあります。気になる求人を見つけたら、積極的に連絡を取ってみましょう。

人材派遣会社

建築の求人を探す方法に、人材派遣会社を利用するという方法もあります。派遣会社は、建設業界への転職を支援してくれる会社です。自分に合った求人を探してくれたり、サポートを行ってくれる派遣会社などもあります。

求人を探す方法

設計

気になる求人を見つけたら

気になる求人を見つけたら、その企業に連絡してまだ募集を行っているか確認しておくことも大切ですが、まずは求人内容を細かくチェックしましょう。募集する理由が欠員の場合は、未経験の方だと難しい場合があります。なぜなら辞めた方の穴埋めを行うことができる能力が必要だからです。自分の能力に合わせて欠員なのか増員なのかに注目してみましょう。

未経験でもその仕事に就きたい場合

未経験でも募集している企業は多くあります。しかし、未経験の場合は不安もたくさん出てきてしまうことでしょう。その場合は、電話で求人状況を確認する際や面接の際に、中途入社した方の割合や未経験から入社し活躍している方の割合などを聞いてみましょう。そこからどのくらいで力がついてくるのかなど聞くこともできるので、未経験者にはどのような研修を行っているのか知ることができるでしょう。

年収を知りたい場合は

年収はとても重要なもので、誰もが知りたいと思うものではないでしょうか。この年収を知りたい場合は、ストレートに聞いてはいけません。会社側もまだ面接者の能力を理解しているわけでは無いので簡単に答えることはできないでしょう。「年収が上がることで仕事の励みになること」「どのくらいの評価がつくことでどのくらい年収が上がるのか」などの内容を取り入れて質問すると良いでしょう。

企業に質問を行う場合は

建築業に関わる仕事に就きたい場合は、自分がやりたいことができる企業なのか求人情報で見極めるということも大切ですが、直接連絡したり、面接の場でどのような企業なのか知るために質問することも大切です。面接では自分を知ってもらい、入社後に活躍するために不明点を確認するということが伝わるように質問を行いましょう。

広告募集中